ネタがないと関係は続かない

■ネタ
面白いネタがなければ無理にメールする必要はありません。きっかけを作ろうと無理に話題を引っ張り出してきても相手の興味は引けません。その為にも常に食いついて貰えるような情報収集を心掛けましょう。友人と会話したり、ニュースを聞いたり、お笑い番組を見たりして、面白いなと思った事を記憶しておきましょう。
面白い事を見聞きしたら誰かに伝えたくなりませんか?それをメル友に伝えればネタになり一つの話題となります。自分が情報を出して更に相手からも面白い情報が得られれば、そのネタを別のメル友に使うのもアリです。但し、自分が面白かったからと言って相手も面白いとは限りません。なるべく多くの情報を収集しておいて、相手によって提供するネタを変えましょう。プロフィールを見たり、メールのやり取りをしていればなんとなく相手の食いつきそうなネタがわかるはずです。
面白いネタというんはただ、笑えるような話だけではありません。知らない知識を新たに得るだけでも面白いと感じます。そのジャンルは人によって違うので、各々異なる楽しいを探っていきましょう。

■共通のネタ
ネタの収集は常に必要ですが、やっぱり楽なのはこちらと相手の共通のネタがある事です。同じジャンルの音楽が好き、ペットを飼っている、住んでいる地域が一緒、年齢が一緒、好きなお笑いタレントが一緒などなど共通のネタがあれば自然と収集もしやすくなります。好きなジャンルの音楽があれば、その相手への話題目的じゃなくても興味があるから自ら収集しますよね。そこで自然と収集したネタが相手に話せるのは楽です。
今後の事を考えても趣味や価値観が似ているのは大きな財産ですので、ファーストメールでアプローチする時からある程度共通点のある相手を探しましょう。
共通のネタは話題作りがしやすいメリットの他に誘う時にもプラスになります。映画鑑賞が趣味の女性ならば、今度公開される○○見た?と話題を振ってみて、まだ見てないけど見たいといったメールが返ってきたのならば一緒に映画を観に行く口実でデートに誘えます。もちろんそれまでに何度かメールのやり取りをしてある程度誘ってもいいような関係があるのが前提です。相手も興味がある事ならば誘いに応じやすいので共通のネタは有効的に使いましょう。

このページの先頭へ

出会い系攻略術公開 Man meets Woman