距離の縮め方

■自己開示
相手の事を知るにはまずは自己開示が必要です。こちらから質問だけしてもまだ打ち解けていないと中々オープンに話せません。もちろんこれは何度かメールのやり取りする中で徐々に慣れていくものでもあるのですが、こちらが自己開示すれば、相手も話しやすくなります。まずは自分の事を話して相手に質問してみましょう。
例えば相手が旅行好きならば
「○○さんって旅行好きなんですね。私もなんです。私は最近○○に行きました。○○さんは最近何処に行きましたか?」と聞いてみましょう。こう質問すれば相手は答えやすくなります。答えの選択肢も質問だけではなく、自分が行った場所に対してもレスポンスがあるかもしれません。
質問攻めでは女性は疲れてしまいますので、こちらの情報を交えつつ質問してみましょう。
出会う前にしてはいけない自己開示が電話番号や住所などの個人情報です。これはトラブルの原因になるので、控えましょう。
個人情報の他にプライベート過ぎる重い話も開示するのは止めましょう。相手に気を遣わせるだけです。
■敬語過ぎると距離が縮まらない
メールのやり取りをする時だいたいの方が敬語を使ってやり取りします。この敬語はまだ出会った事もない見知らぬ二人なので関係性としては当然ですが、敬語も堅過ぎてしまうと業務連絡みたいに味気なく聞こえてしまいます。
まだ距離が遠いのならば仕方ないでしょうが、これを変えていかないと距離を縮めるのに時間が掛かってしまいます。いきなりタメ口で話せとは言いませんが、徐々にフレンドリーになっていきましょう。
タメ口に抵抗があるのならば、語尾に「ね」や「よ」を付けると大分柔らかい雰囲気になります。例えばメールの返事が遅れた時に
「返事が遅れてごめんなさい」と言うよりも「返事が遅れてごめんね」と言った方が柔らかくてフレンドリーに感じませんか?もしまだ敬語を使って話している相手がいるのならば少しでも距離を縮める為に使ってみましょう。

このページの先頭へ

出会い系攻略術公開 Man meets Woman